造園土木工事からインドアグリーン、観葉植物リース、フラワーショップ、イベントディスプレイまで。花と緑に関するトータルプランナー桃原農園のサイトです。

トップページ桃原農園について > ハウス・農場の紹介

ハウス・農場の紹介

桃原農園が保有する4つの農場

桃原農園は沖縄県内に4つのハウス・農場を持っています。
それぞれに特色・役割があるハウス・農場をご紹介いたします。

ハウス・農場マップ 伊豆味農場 源河農場 阿波根農場 西原農場
 

桃原農園創設から戦後にかけ、これらの農園では国内外の貴重な植物を集めて研究が行われるなど、沖縄県の緑化の歴史に大きな足跡を残す重要な場所となっています。
現在、これらの農場は主に植物の栽培・養生および在庫置場として利用されていますが、貴重な植物が残されていたり、野鳥やめずらしい昆虫も数多く生息していたりするなど、往事の面影を今も残しています。

伊豆味(いずみ)農場

伊豆味(いずみ)農場

総面積30万m2と、桃原農園が所有する農場では最大規模で、経営も大正初期からと歴史も古い農場です。
創業者の尚順が大正初期より沖縄県の振興開発のために開墾。沖縄で初めてパイナップルが栽培され、日本一の南洋杉があるなど、国内外の貴重な植物が伊豆味農場に収集されました。
※一時期は伊豆味(いずみ)植物園として一般公開されていましたが、現在は閉園中。

 

源河(げんか)農場

源河(げんか)農場

総面積10万m2
伊豆味(いずみ)農場と同じく大正初期より開墾された古い歴史を持つ農場です。
戦前は杉や椎、樫が生育。現在はガジュマル、アコウ、モモタマナなどの緑化木を中心に各種植物が栽培されています。

 

阿波根(あはごん)農場

阿波根(あはごん)農場

総面積2万7000m2。その中に5300m2のビニールハウス(2棟)があります。
造園工事、リース(レンタル)、グリーンディスプレイ、グリーンメンテナンスなど、各事業部門に関する中低木・鉢物の栽培・管理・販売を行っており、桃原農園で中心的役割を担う農場です。

 

西原農場

西原農場

総面積2万m2
高木栽培場として利用されており、主に公共工事を始めとする大規模な工事に使用される樹木などを管理しています。

伊豆味(いずみ)農場

源河(げんか)農場

阿波根(あはごん)農場

西原農場

ページのトップへ

閉じる