造園土木工事からインドアグリーン、観葉植物リース、フラワーショップ、イベントディスプレイまで。花と緑に関するトータルプランナー桃原農園のサイトです。

沿革

創業期

1924年(大正13年)5月 創業
1930年(昭和5年)3月 創始者・尚 順、自邸を開放し、桃原農園と呼称。

復興期

1945年(昭和20年)6月 沖縄戦に依り、首里本園始め県内の5園、灰燼に帰す。
1945年(昭和20年)12月 生存した関係者を中心に、復興作業を開始する。
1948年(昭和23年)11月 前代表者・尚 詮、本土で学業を終え、帰郷。
1951年(昭和26年)12月4日 合資会社桃原農園として、法人組織にする。

高度成長期

1973年(昭和48年)2月20日 西原町宇内間に西原農場を開設。
1974年(昭和49年)2月1日 糸満市字阿波根(あはごん)に阿波根農場を開設。
1975年(昭和50年)7月1日 従来の安里事務所を取壊し、安里フラワービルを新築、フラワーショップ安里本店経営
1976年(昭和51年)1月10日 造園工事業沖縄県知事許可第1回目更新 ((般-51)第60号)

民間投資の拡大と国際化

1982年(昭和57年)11月1日 フラワーショップ・ジミー店を那覇市銘苅(めかる)に開設。
1987年(昭和62年)5月1日 首里本園を設備、観光施設 “首里トロピカルガーデン”としてオープン。
1990年(平成2年)9月28日 一般建設業に許可変更 → 沖縄県知事許可(般-2)第60号
1991年(平成3年)7月31日 フラワーショップ・ジミー店を閉店。
1992年(平成4年)11月2日 本社移転 → 沖縄県那覇市泊2丁目15番地9
1993年(平成5年)4月1日 本社移転に伴い、”首里トロピカルガーデン”を”尚家の御庭 松山御殿”と改名、新装オープン。
1993年(平成5年)11月12日 フラワーショップ・ジャスコ店開店(那覇市金城418番地、ジャスコ那覇ショッピングセンター内)
1994年(平成6年)4月1日 “松山御殿”万座店を開設。(恩納村字瀬良垣2260番地、万座ビーチホテル内)(花・観葉植物、土産品販売)
1997年(平成9年)6月29日 フラワーショップ・ジャスコ店閉店

時代背景の変化と環境社会に向けて~

1998年(平成10年)3月13日 “株式会社桃原農園” 設立。(代表取締役 尚 厚、資本金 40,000,000円)
1999年(平成11年)3月31日 観光施設“尚家の御庭 松山御殿”を閉鎖。
2001年(平成13年)5月20日 本社移転 → 沖縄県那覇市安里2丁目3番1号
2003年(平成15年)5月6日 建設業沖縄県知事許可更新 (特ー15)第60号 土、と、石、ほ、園、水
2006年(平成18年)4月1日~
2009年(平成21年)3月31日
自治法改正により「指定管理者制度」が導入され、当社を筆頭とする“TKSF指定管理共同企業体”を締結、沖縄県立奥武山総合運動公園の運営管理を開始する。
2008年(平成20年)4月1日~
2013年(平成25年)3月31日
自治法改正により「指定管理者制度」が導入され、当社を筆頭とする“TUK指定管理共同企業体”を締結 恩納村体育施設(村立赤間運動場他5施設)の運営管理を開始する。
2008年(平成20年)5月6日 本社移転 → 沖縄県那覇市牧志2丁目7番22号 ソシアルビルコスモ4F(那覇市牧志・安里地区市街地再開発事業に伴う立ち退き移転)
2011年(平成23年)7月8日 フラワーショップトーバル開店(那覇市牧志・安里地区市街地再開発事業施設・さいおんスクエア内)
2011年(平成23年)10月23日 本社・フラワーショップ本店 移転 → 沖縄県那覇市西2丁目25番6号
2017年(平成29年)3月1日 ザッカ・トーバル(Zacca TOBARU)開店 さいおんスクエアCARGOES(カーゴス)1階(那覇市安里)

ページのトップへ

閉じる